シッポの白い縞模様

おてんば娘JRTのムギとムギパパの日常生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再開します!がその前に

色々ご心配・ご迷惑をおかけしましたが本日よりブログを再開させていただきます。前回あの様な記事を書いたと同時に更新を中断し、数日後にはブログの閲覧にパスワードをかける事になってしまいました。すべてそうなる少し前にブログで取り上げた「ブルセラ症」の記事において私の説明や他の方に対する配慮が足らなかったためです。この記事に私の説明不足、自分勝手な解釈や判断があったためブログを通じて知り合ったお友達、ムギと遊んでくれたお友達に本来ならしなくても済む心配やご苦労をかけることになってしまいました。ブログを再開するに当たりまずはそのことについて説明する必要があると思います。

私が今回の「ブルセラ症」の事を知ったのは今月の7日から8日に日付が代わったころでした。一緒に遊ぼうと約束をし、その件で何回かメールをやり取りしていたお友達からの連絡でした。メールを確認したあとその方のブログでその伝染病が「ブルセラ症」であることを知りネットであれこれ検索してみました。ブルセラ症に関する知識を自分なりに持った状態で何時もお世話になっている獣医さんにこの事を相談したところ先生の見解は「ブルセラだろ?凄く伝染しにくいから大丈夫だと思うけど・・・心配なら検査してやるよ」でした。ムギ自身への感染、万が一ムギが感染していた場合の他のワンコに関する影響が心配だったので検査を依頼しました。検査結果が出るまでには早ければ3日、遅くとも一週間ほどかかる事、先生ご自身が「抗体値」を得るための検査方法を2つご存知でだったのでその両方で検査を依頼しました。1つは今回ブルセラ症の検査方法として多くの方が行ったと思われる原則として抗体値を2回測定すると言う方法、そしてもう1つは前述した方法より感度が高く初回の検査で陰性の結果が出ればそれで十分と方法でした。この2つの検査方法についての詳細を把握ていなかったためこのブログをご覧になった方に正確な情報を伝えられなかった事、この検査方法に十分な理解が無かったため、その判定結果に自分自身が不安を持った事これが今回私が犯した間違いの1つでした。

自分自身がブルセラ症の事を知ってから(10月8日)ムギの「陰性」判定を知った上で自分自身のブログでそのことを取り上げるまで(10月15日)に約1週間の差があったこともムギと遊んでくれたお友達にイタズラな不安を与える結果となりました。この件は一応獣医さんと相談。お店での感染状況がまだ正確に判らない事、ブルセラ症の伝染の仕方から考えてブルセラ症に感染した(正確には抗体検査が「陽性」と出た)ワンコと長期に渡って密接な接触をしない無い限り感染する可能性はほとんど無いことを考慮し先生が私にしてくれたアドバイスは「近いうちにマスコミに取り上げられるみたいだからそれまで待った方がいいと思う」でした。専門家のアドバイスを頂いたとはいえこのブログの管理者はこの私です。そして何よりこのブログ上でムギがあのお店に遊びに行ったことを紹介していたという事実を全く考慮していませんでした(正確に言えば忘れていました)。ムギが「抗体検査結果陰性」であることを知ったとしてもご自身にワンコに同じように検査を受けさせたお友達も多いことでしょう。ですが「感染してるかも知れない」という不安を抱えながら検査結果を待つのと「大丈夫だと思うけど検査しておこうね、そうすれば安心だもんね」といった気持ちで過ごすのとでは雲泥の差があったはず・・・。本来ならそのような思いをせずに済んだハズのお友達にとっても不安な思いをさせることになってしまいました、本当に申し訳ありませんでした。

今回の様な騒動は2度と起きて欲しくありません。ですが・・・また再び何処かで起きてしまうような気がします。現に過去に何度も今回と同様な騒動は起きています。それにも関わらず今回また全く同じような事が起きたのですから・・・。大阪でブルセラ感染症が集団発生した時には新聞やテレビでも大きく取り上げられました。私はその時もワンコと生活を共にしその時の報道を目にしてます。でもその時の感染症が「犬ブルセラ症」であったことは今回始めて知りました、いや正確にはそうではないでしょう、「犬ブルセラ症」という名前は耳にしつつも「自分には関係ないこと」と決め付け記憶する事が無かったのだとおもいます。でも今は違います。自分自身が「感染してるかも知れない」と不安な日々を過しながら過しその日々の中で自分なりにブルセラ症について素人なりに知識を身に付けどう行動すべきかを学ぶ事ができました。決して起きて欲しくない「次」ですがもし起こってしまった時にはその時には私がそうであったように不安でたまらない思いをするであろう方々の力になれるかも知れません。正しい情報や取るべき行動を伝える努力はしてみたいと思っています。

今回の様なブルセラ症の集団感染が起きるたびに獣医師さん達を中心に「抗体値の検査を義務化すべき」という動きが起こるようです。私がまとめるよりコチラを見ていただいた方がいいでしょう。でも少し内容が難しいです。どうやらここでいう「義務」を負う対象となるのはブリーダーや生体販売を行う業者さん達のようです。しかしながら「現在のペット業界の現状を考えると義務化は無理」というのが義務を負う方なる方の多くの声であるようです。更に「義務化」することになれば、おそらくそれを管理するのは公の機関となりそこには「税金」が投入されることになります。これらの事を考えると「義務化」への道はまだまだ険しそうです。ただし義務化がまだされていない現在も既に検査を自主的にされている方もいます。私がお世話になっている先生の知っているブリーダーさん多くは年1度の抗体値検査を実施していました。そして自分のお店で出荷するワンコに抗体値検査を実施したうえで飼い主さんに引き渡すショップもあるみたいです。

行政がこのことに全く無関心でワンコの飼い主の声に耳を傾ける事は全く無いって事も無いようです。私がブログをお休みしてる間にチワワが17頭集団で飼育放棄されたという報道がありました。自分が今回の騒動に巻き込まれている真っ最中だっだのでもしかしたら・・・と思い無駄であろうと思いつつチワワを一時的に保護している役所に「新しい飼い主さんを募集するのであれば、ブルセラ症の事をしっかりと説明するか、引き渡す前に抗体価の検査を実施してから引き渡してください」とメールを送ってみました。数日後メールで返事がありました。同じような意見が複数あったこと、保護中の飼育管理には十分注意するつもりでいること、譲渡の際には譲渡者に専門家による十分な説明をしていただけるそうです。

ムギには今後半年に一度「抗体値の検査」を受けさせるつもりでいます。この検査によって得られるのは「ブルセラ症に感染していないか?」だけではありません。ムギの健康をチェックするのに様々な情報を得られるハズです。抗体値のチェックをなさるのなら通常は1年に1度のチェックで十分であろうというのが私がお世話になっている先生の見解です。頻度を倍の半年に一回にしたのは私が生活を共にし健康を管理する責任があるのがムギだからです。ムギは道端の草に喰らい付き、草むらには躊躇することなく突進し、土の地面を見れば穴掘りしてますから・・・。コイツの日々の行動を見ている私の判断です。勿論、検査には費用がかかります。ムギの場合は検査自体の費用が約5000円でした。費用がかかる以上「年に1度抗体検査を受けるべきである」といった呼びかけは出来ません。私は専門家もでもありませんし、皆さんの検査代を持つほどの経済力もありませんから・・・。ですからこれは今回、自分のワンコがブルセラ症に感染しているかもしれない不安な日々を過し、実際に抗体値検査を受けた人間からの1つの提案です。この検査を受ける方が少しずつでも増えていけばやがては1回の検査にかかる費用が今よりも安くなるかもしれません、そうすれば「抗体検査の義務化」への道が開けるかも知れません。もっとも義務化されたとしてもそれが社会に広まりその決まりが守られなければ全く意味が無い訳ですが…。

「ブルセラ症」に関する記事はひとまずこれで一区切り・・・にしたいと思います。あるとしたらお店側の「説明会」があった時ですかね。開かれるかどうかは不明ですが、個人情報を提供し入会金を支払った私の元には未だに何の連絡もありません。もし説明会があるようなら可能な限り参加したいと思っています。

文字ばかりのやたらと長い記事になりました。ここまでお付き合いしていただいた方。どうもありがとうございました。最後にこのブログのことについて・・・

まず、「原則毎日更新」にはしません。このブログに遊びに来てくれた方に不必要な不安を与える結果になったのは「毎日更新」に拘り1つの記事をUPするのに十分な時間が取れなかったのが原因の1つです。それにこれから11月下旬までは仕事がかなりハードです。恐らく会社に泊り込まなくてはならない日もありそうです。そしてムギのトレーニングをもう少しミッチリとやってみたいと思うようになったのも要因の1つです。自分で色々と勉強すればするほど「クリッカートレーニング」は奥が深くて面白そうです。ムギが「やれば出来る子」と信じトレーニングに使う時間を増やしたいと思います。

それからランキングへの参加を辞めます。これは今回の騒動とは関係なし。正直今までどのような仕組みでランキングが決定されているのが全くと言っていいほど把握していませんでした。ブログをお休みしている間に知ったその仕組みは私にとって「?」な物だったのでランキングには参加しません。ただし「更新しましたよ~」という情報はお伝えしたいのでブログ村には籍を置き(?)更新の情報は発信出来るようにしたいと思います。

私がこの様にヘタレ、悩んでいる間に励ましのお言葉を頂いた皆さん本当にありがとうございます。「自分勝手に腹を立てて」いた私を戒めて方にも感謝してます。とっても素敵なお仲間に恵まれた私は本当に幸せ者です。全く情けない管理者ではありますが今後とも宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

  1. 2008/10/28(火) 20:08:49|
  2. ムギ日記
  3. | コメント:22
<<遅ればせながら1歳になりました | ホーム | 難しいな・・・>>

コメント

今回の事ではみんないろいろと感じ、考えさせられたのではないでしょうか。
お店側の責任。
飼い主の責任。
行政の責任。
日本はまだまだペットにやさしい国ではありませんし、(なにせ物、ですから)私たちが考え、自己防衛していくことが大切なことですね。

ムギちゃんはやればできる子ですよ♪
きっと本気になったらダメ師匠なんてあっという間に飛び越してしまうでしょうね(笑)
  1. 2008/10/28(火) 23:59:46 |
  2. URL |
  3. まめまま #-
  4. [ 編集]

パパさん、再開されて嬉しいです。
ブルセラの事は、大阪の事件で知り
いろいろ調べた事が、あります。
(その頃は、ワンコは飼っていませんでしたが)
その時の自分の見解としては
必要以上に心配しても始まらないでした。
別に珍しい病気でもなく、心配し過ぎると
他の仔に触る事すら出来なくなってしまいます。
人獣共通の伝染病は、他にもいろいろある訳だし
注意する事は必要だけれども
過剰になる事は、良い事ではないと思いました。

まっちゃん家では、庭でアヒルとウコッケイを
飼っていますが
鳥インフルエンザの話題が、テレビに出てくると
誰も近寄らなくなり、ほとぼりが冷めると
子供連れで、見学に来たりします。
(似ているような気がします。)

そうそう、リンク貼らして頂いて良いでしょうか?
  1. 2008/10/29(水) 10:00:19 |
  2. URL |
  3. まっちゃん #u2lyCPR2
  4. [ 編集]

ムギパパさん再開されたんですねU〃^ー^〃)
曲がってとられると辛いんですが、今回のことで私めも
本当に色々と考えさせられて、お勉強にもありました!!
私めは前にムギパパさんにもお伝えしたとおり、自分の犬はとても大切ですが
外の世界に出る以上は 色んな危険と隣り合わせだということは肝に銘じて
できるだけの事は気をつけながら 自由にのびのびと色んな経験をさせてあげたいですUo^ o ^o)

うちの近所にはキツネやタヌキ 鹿やリスもまだ生息しているので エキ○コックスや
その他色んなものが 媒介する病気も恐れはあると思うんですU×Å×U

地域の情報をキャッチしながら、できるだけ上手くやっていきたいと思います!
ムギパパさん 考えるきっかけをくれてありがとうでしたUo_ _Uo))ペコ

これからもムギちゃんブログのふぁんなので たくさん楽しいムギパパさんのブログを
拝見させていただきたいと思いますので ヨロシク♪d∪*'ェ^*∪b♪です
  1. 2008/10/29(水) 10:08:20 |
  2. URL |
  3. ちびっこギャングの相棒 #-
  4. [ 編集]

ブログ再開されたんですね。パパさんのブルセラ症の記事を読んではいましたが何とコメントしていいかわからず、読み逃げしてました。お気持ちがひとまず落ち着かれたのだなと思います。また元気なムギちゃんをUPしていってください。
  1. 2008/10/29(水) 19:02:34 |
  2. URL |
  3. ブラウニーとうちゃん #u/eewf9U
  4. [ 編集]

今回の感染症の件は、新米飼い主のオイラに
色々なことを考えるきっかけになりました。
wankoを迎えるにあたって、飼い主としての責任や義務を覚悟したうえで
感染症は外に出ればたくさんあること、飼い犬の健康管理は飼い主の責任。
感染しないよう予防接種、不衛生にしないように手入れ
健康で居られるよう食事の管理。
全ての飼い主が、愛犬を守り管理を怠らなければ
感染症も最小限に
防げるのではないかと思うのですが
残念なことに業者・飼い主の全てがそうではない現状。
一部とはいえまだまだ意識が低い人たちが居ます。
飼いきれないと保健所に連れてきたり、放置したり。
動物にかかわる官民一体になって
根底からレベルを上げないといけないのではないかと思います。

ブログ再開してまた楽しい記事をUPしてください。
それを読んで楽しみながら勉強させていただきます。
またムギちゃんとの楽しい掛け合い楽しみです♪
  1. 2008/10/29(水) 21:24:38 |
  2. URL |
  3. kurige #-
  4. [ 編集]

>まめままさんへ
「色々と感じ、考え、多くの事を学んだ」これが今回の一件に関わった方の共通した感想だと思います。私自身も20年以上ワンコが身近にいる生活を送りながら「ブルセラ症」の事は全くと言っていいほど知りませんでした。確かに日本は「ペットに優しい国」ではないですよね、いわゆる「人気犬種」が数年おきにコロコロ代わる国は日本だけだと聞いたことがあります。感染症の事、抗体値検査のことを調べているうちに「ペット後進国」と言った言葉も目にしました。自ら望んで暮らし始めたハズのペット達を捨てたり保健所に持ちこむ方も後を絶たないようです。1日も早く「ペットに優しい国」になるようにはまだまだ時間がかかるんでしょうね。まずは身近なところから、ムギの健康管理を今で以上にしっかりしてやろうと思います。
自分のブログを休んでる間にまめままさんの過去記事を再度拝見させて頂きましたがやっぱりまめちゃんは偉大です。色んな意味で…。師匠の背中はまだまだ果てしなく遠いです。それに追い抜こうとしたらまめちゃんから「ムギよ、自分の立場が判っていないようだな?」って怒られると思いますけど…
  1. 2008/10/29(水) 21:59:20 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>まっちゃんさんへ
ブログの再開を喜んでくれる方がいるなんて感激です!大阪でブルセラが発生したにマスコミで大きく取り上げられていた記憶は残っているのですが「犬ブルセラ症」という病名までは記憶してませんでした。恥ずかしい限りです。
おっしゃる通り病気の事を余り神経質に考えてしまうと何処かに出かける事もお友達と遊ぶことも出来なくなってしまいます。色んな所に連れて行って沢山のお友達と遊ばす代わりにしっかりとムギの健康を管理していきたいと思います。我が家のご近所には庭で数羽のカモを飼っている方がいらっしゃるのですが全く同じような体験をなされているようです。

リンクを張っていただけるなんて感激です!実はコチラからお願いしようと思っていたのですがなかなか言い出せずにいたんです!私の方からも張らせて頂いて宜しいでしょうか?
  1. 2008/10/29(水) 22:12:21 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>ちびっこギャングの相棒さんへ
ハイ、再開させて頂きました。一応自分なりに「これが解決するまでは再開しない」と決めたことは何とか解決できたので…。私には「曲がって」取れるほどの知恵はありませんので相棒さんからのメッセージは真っ直ぐ受け止めてますよ~。そして感謝してます!
「どーしても、病気にかかる可能性になる事はさせたくない!」と考えるのであればワンコに色んな事を「制限」させればいいのかも知れませんがそんなワンコライフを私は望みません。私は相棒さんをはじめとする先輩ブロガーさんのブログで元気いっぱいに飛び回っているJRT達を見て3代目にジャックを選んだんですから!ムギの健康管理をしっかりしてやれば私が望んでいたワンコライフは楽しめると信じています。
  1. 2008/10/29(水) 22:25:25 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>ブラウニーとうちゃんさんへ
うッ・・・。確かにコメントしづらい記事が続いていたような気がします。気持ちが「落ち着いた」のではなく「元気になった」からブログを再開したってのが正直なところかな~。
すっかり遅くなりましたが「優勝」おめでとうございます。まさかあのゲーム差をひっくり返すとは思わなかったな~。って私が言ってた事はまめままさんには内緒にしておいて下さい。
  1. 2008/10/29(水) 22:32:21 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>kurigeさんへ
全く持ってkurigeさんのおっしゃる通りです。この一件で多くの飼い主さんがワンコの健康管理について知識を深め、今まで以上に自分のワンコに責任を持って生活を共にするようになったでしょう。「どうしよう…」と眠れずに過した夜を無駄にするなんて勿体無いです。今回頭に叩き込んだ知識は今後のワンコライフに役に立てていきましょう。
↑の記事でも書きましたが「官」(行政)は手ごわそうです。「民」である我らがしっかりとした知識を身に付けないといけませんね。この一ヶ月ほどで私たちと同じような思いをした方は決して少なくない筈、何らかの形で力を合わせて少しでもワンコが幸せに暮らせる社会を目指したいものです。
楽しい記事をUPする自身は多少はありますが「勉強」になる記事は書けるのかしら? 
  1. 2008/10/29(水) 22:47:37 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

お帰りなさいッ!元気が出てきたみたいで何よりです。
ブログ再開を心より喜んでいますよ!
ちょうど広島でドッグパークの事件が起きた頃、大阪の事件がありました。
病名だけは覚えていましたが、今回の件で改めて詳細を知るきっかけになった気がします。
こちら広島ではほとんど報道もなく、今回の事もあまり知られていません。
コメント返しにも書きましたが、本来、被害者であるはずの者が、加害者になる可能性がある事実。
どこででも起こりうることなので、本来は皆が知っておかねばならぬ事ですよね。
そのあたりの報道もペットに関しては少ないのが現実です。(ペットフードの時もそうでした!)
まだまだペットに関しては後進国の日本。
いろんな意味で、飼い主達から声を上げて変えていかねばならぬのでしょうか。
  1. 2008/10/30(木) 10:50:32 |
  2. URL |
  3. 小梅はは #csN.BXfY
  4. [ 編集]

お疲れ様です。

気持ちの整理ができたようですね(^^)
よかったです。
思いのたけを綴りましたね~(ほんとはもっとあるんだろうけど・・・)
おっしゃる通りだと思います。
今回の問題が収束しても、解決はしない問題だと思います。
問題の根本は、今の日本のペット産業のありかたにあると私は考えています。
このような事を機に、多くの人が知り、考え、ペット産業の在り方、間違った常識を正していく方向に世の中が変わっていってくれるといいですね。

今回の事件もまだ終わってはいません。
みなさんにも目を背けずに今後の動向を見守っていていただきたいと思います。

ムギパパさん、今回勉強したことを糧に、これからより良い楽しい犬との生活を満喫しましょう!
お互いに(^-^)

ブログもワンコのこともあまり拘り過ぎずにね。
適当が最高!です(^^)v
  1. 2008/10/30(木) 20:13:56 |
  2. URL |
  3. mani-papa #LfiKTmzM
  4. [ 編集]

>小梅ははさんへ
小梅ははさんの地元では今回の件は殆ど報道無しでですか?全国的な規模で発行されている新聞社3社でこの件を取り上げていましたがいずれも「東京都版」と「千葉県版」に掲載されていたみたいです。ワンコと共に暮らしている方でもご存知ない方が多いのではないでしょうか?私も実際にあの店に遊びに行っていなければ「対岸の火事」として考えていたような気がします。「ペット後進国」ってワードで検索するとビックリするほど多くのブログやHPが見つかりますね。それだけ多くの問題をこの国が抱えてるってことでしょうか?小さな事から始め、その積み重ねによって動物と人間が快適に暮らせる国にしていきましょう!
  1. 2008/10/30(木) 21:16:09 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>mani-papaさんへ
ご訪問ありがとうございます。今回は色々とお世話になりました。「ブルセラ症」がこんなにも自分の身近に存在するとは思いませんでした。気まぐれを起こしてあの日ジャネットに遊びに行ってなければ一生正しい見識を持たないままワンコと暮らしていたとおもいます。今回の件もまだ終わっていないんですよね。ジャネットからの連絡は未だにありません。過去にあのお店を利用した事があるのにこの事実を知らない方が沢山いるんじゃないでしょうか?レンタル犬の譲渡先や新しい飼い主さんに譲渡する際に示した条件が殆ど判らないってのも・・・ですね。今回の様な体験は滅多に無い事でしょう、貴重な(?)体験なのですから今後のワンコライフに「+」にしないといけませんね。mani-papa の様な方から見れば私の人生そのものが「適当」だと思いますのでその点は大丈夫です。
  1. 2008/10/30(木) 21:39:19 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

リンクの件、ありがとうございます。
  1. 2008/10/30(木) 22:35:41 |
  2. URL |
  3. まっちゃん #u2lyCPR2
  4. [ 編集]

再開され安心しました。
私なんかと違って ムギパパさんは
ムギちゃんのこと すっごく大事にされてるんですね。
私はなんちゃって育児です。
二人の子供もそれぞれ自分達の思うがままにして育てたら
飛んでってしまいました。
今回の事では随分心を痛められた事とお察ししますが
また 元気一杯のムギお嬢様の様子を見せて下さいね!
それが何より楽しみです。
  1. 2008/10/31(金) 00:16:46 |
  2. URL |
  3. ぷちこ #XQaLiKZI
  4. [ 編集]

ブログ再開されたんですね~v-411よかったですv-221
あさごろーも今回勉強になりました。
そうですね~日本は犬を物扱いですからね~
それはいつもどうかと思っています。
いろいろ考えさせられることってありますね~
でもこれからも、楽しいムギブログを楽しみしていますよ~v-411
  1. 2008/10/31(金) 09:50:08 |
  2. URL |
  3. あさごろー #-
  4. [ 編集]

わお。パパさんおかえりなさい。
じゃ、これからまた「ムギのガウガウ話」が再開されるわけですね。やったー!
え?そんなタイトルじゃなかった?
えーっと・・・「シッポの変顔縞模様」?
あれ?ちょっと違う?うーん。。
ムギちゃんの元気なお写真も待ってますよー。
  1. 2008/10/31(金) 17:14:10 |
  2. URL |
  3. ロッタ #-
  4. [ 編集]

>まっちゃんさんへ
こちらこそありがとうございます。これからも宜しくお願いします。これから「旅犬修行」を積んでいつかはぷちこさんのお家に遊びに行きたいと思っています。その際にはまっちゃんさんの地元にも立ち寄りますのでどうかムギと遊んでやって下さい。
  1. 2008/10/31(金) 19:12:18 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>ぷちこさんへ
恥ずかしながら帰ってまいりました・・・。イヤイヤぷちこさんは人間の親御さんとしてもご立派だとおもいますよ。お子さんは二人とも自分の将来をしっかりと考えていらっしゃるじゃないですか。自分で望んで親元を一旦離れるなんて結構勇気のいる事だと思いますよ。先日息子さんのブログにお邪魔しました。「皆と同じでないと不安」という若者が多い中アレだけ「個性的」と思われる息子さんを育てたぷちこさんは「いいお母さん」なのではないでしょうか?
ワンコの親としても実にご立派です、ジャック2頭を含む多頭飼いなんて私には絶対に不可能です。とっても可愛いマルクル君を見てますますジル君のランに遊びに行きたくなりました。「旅犬修行」頑張ります。
  1. 2008/10/31(金) 19:21:29 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>あさごろーさんへ
ワンコを大事にする方が沢山いますがそれと同じくらい「物」扱いしてる人がいるのが悲しい現実です。我々ワンコと生活を共にしている人間が「それ違うんじゃない?」と声を上げワンコを「物」として扱う人間を減らしていくしかないでしょうね。共に頑張りましょう!このような記事は「特別版」です。今度の記事からは何時ものムギブログになりますよ~。
  1. 2008/10/31(金) 19:28:38 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

>ロッタ君へ
そのタイトルにしても良いけど「ロッタ君のブログのタイトルをパクッたな?」って言われそうだね。2つ目のタイトルもなかなか面白いけど一応ムギ女の子だからタイトルに「変顔」って付けるのは少しかわいそうかな?ムギにはロッタ君が「ムギちゃんは変顔だ」って皆に言いまくってると伝えておいたよ(あれ、違ってる?)。いつか一緒に遊べる日が来ると良いね、ちなみに「ジャックは女の子の方が強い」らしいぞ。そしてムギはガウガウ大好きな筋肉娘だ。
  1. 2008/10/31(金) 19:35:58 |
  2. URL |
  3. ムギパパ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ムギパパ

Author:ムギパパ
名 前:ムギ
性 別:女の子(一応)
誕生日:2007年10月22日
特 徴:シッポの模様
性 格:お転婆・食いしん坊

一緒に遊んでくれるお友達を
探しています。

最近の記事

FC2カウンター

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ムギパパお勧めのお店

フード・トリーツ共に良い品が沢山おいてあります。

色々とアドバイスもしてくれるとっても親切なお店です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。